キャットフードの原材料と消化の関係

愛猫が下痢をしたり、便秘になったりすると飼い主なら心配になりますね。便の状態は健康のバロメーターでもあります。しかし、単純に毎日排便しているからと言って安心はできません。

まず、理解しなければならないのは、猫の特徴です。猫の腸は短くて穀物などの消化は苦手です。元来肉食の動物なので穀物を食べる習性はありません。穀物の多く含まれる炭水化物は、人には不可欠なエネルギー源ですが、ネコちゃんにはそれほど必要なものではありません。もっとも必要なのがタンパク質で、消化吸収も良くなっています。

しかし、多くのキャットフードの原材料には、穀類が含まれています。その理由は、穀物に含まれている食物繊維を摂取するためです。野生の猫は、ネズミなどの小動物を丸ごと食べるので、獲物に含まれている食物繊維を自然に摂取していました。しかし、ペットとして飼われている愛猫は、食物繊維を摂ることができません。そのために、穀物を配合しています。

問題は、穀物の量です。基本的に穀物の消化が苦手なので、過剰な量の穀物は胃腸に負担をかけてしまいます。下痢や嘔吐を引き起こすこともあります。

キャットフードの原材料の中で、「ビートパルプ」と記載されているものが多くあります。これは、砂糖大根から糖分を抽出した後の果物線維質のことです。腸内環境を整える働きがあります。便を硬くして排便しやすくします。

また、硬いウンチは、飼い主にとって始末がラクです。ビートパルプを使う理由のひとつでもあります。つまり、愛犬の健康を考えているという点では疑問が残ります。

硬くて量の多い便は、このようなキャットフードが原因の場合があります。ウンチが多く出るからと言って安心はできません。

愛猫によっては、水分補給が上手くできない子もいます。このようなネコちゃんに穀物を含んだキャットフードを与え続けると便秘になってしまいます。

キャットフード選びは、愛猫の体質に合ったものを選ぶのがベストです。価格は少し高くはなりますが、「グレインフリー(穀物不使用)」のキャットフードも選択肢のひとつですね。