キャットフードの原材料(ビートパルプ)

キャットフードの原材料の中で、「ビートパルプ」という名前をよく見かけます。ビートパルプとは、甜菜(てんさい)=砂糖大根から砂糖を抽出した後に残った食物繊維のことです。

食物繊維には、可溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、この2つをバランスよく含んでいるのがビートパルプです。

可溶性食物繊維は、腸内で善玉菌のエサとなり腸内を酸性保つことで悪玉菌の発生を抑制します。不溶性食物繊維は、水に溶けにくいので腸内をキレイにし大腸の働きを良くします。また、食物線維に含まれる「オリゴ糖」は、腸内細菌のバランスを保ち、腸内フローラの環境を整える働きがあります。腸内の健康維持に大切な役割を果たしています。

ビートパルプは、プレミアムフードなどにも使用されていますが、全てのビートパルプが良いとは限りません。

ビートパルプの抽出方法は、一般的には圧力を加えて抽出しますが、メーカーの中には硫酸系の薬剤を使用して抽出している場合もあります。薬剤を使用する方法は手間がかからないので採用していますが、薬剤がビートパルプに残ってしまう危険性も否定できません。
また、薬剤でオリゴ糖が除去されてしまい、折角の効果が薄れてしまいます。

ビートパルプは、必要ないという意見も多く聞かれます。その理由のひとつは、不溶性の食物繊維は、便を硬くし便秘を悪化させるというものです。飼い主にとって硬めの便の方が、処理しやすいかもしれませんが、便秘が進行しては逆効果です。同じ食物繊維でも「お米」や「大豆」などの方が、良質な食物繊維です。食物繊維で考えるなら、ビートパルプ以外の選択肢もあるでしょう。

プレミアムフードなどで使用されているビートパルプは、それなりの工夫があるはずです。但し、製法や成分などをメーカーのサイトなどでチェックすることも必要ですね。

ビートパルプをキャットフードの「かさ増し」や飼い主が便の処理がしやすいように使用しているメーカーも少なくありません。キャットフードを購入する場合は、原材料のバランスを確認することが大切です。