キャットフードの原材料(加水分解動物性タンパク、加水分解甲殻類など)

キャットフードの原材料の欄に、「加水分解動物性タンパク」や「加水分解甲殻類」と表示されているものがあります。

加水分解動物性タンパクとは、肉や魚のタンパク質を加水分解製法によって、アミノ酸に分解したものです。加水分解で得られたアミノ酸は種類が豊富で、様々な味が作り出されます。マヨネーズやソース、タレなどの調味料としても使われています。コクやうま味が増すことで、ネコちゃんの食欲を刺激します。

加水分解動物性タンパクの製造方法には2つがあります。ひとつは、酵素分解方法と呼ばれる物で、プロテアーゼなどの酵素を使用して分解するものです。酵素をしようしているので分解に時間がかかるのが欠点です。もうひとつが、塩酸を使用した塩酸分解法です。酵素分解法よりも早く分解できるので、この製法を用いているメーカーが多いようです。但し、塩酸分解法では、タンパク質に含まれるグリセリンが塩酸と反応してクロロプロパンジオールという物質が少量生成されます。クロロプロパンジオールは、発がん性が疑われています。しかし、人の食品にも使用されているので、あまり神経質になる必要はないと思われます。

加水分解甲殻類は、カニやエビなどの殻に含まれている「キチン」を加水分解して「グルコサミン」を生成したものです。グルコサミンは関節の痛みなどに効果があることで有名で、関節のクッションとなる軟骨の重要な成分です。さらに、グルコサミンは関節や軟骨に欠かせないコンドロイチンやヒアルロン酸の生成をサポートします。

グルコサミンは体内で合成できますが、加齢とともにつくられる量が少なくなってきます。老猫になれば、食事から摂取する必要があるのです。老猫用のグルコサミンのサプリメントも販売されています。

また、グルコサミンは肥満の猫にも無縁ではありません。体重が増えると関節に負担がかかり、痛みが出てきます。このような痛みの軽減にグルコサミンは効果があります。ダイエットには運動が大切ですが、関節が痛いと運動もできませんね。

「加水分解動物性タンパク」や「加水分解甲殻類」という言葉は馴染みが薄いかもしれませんが、その意味がわかれば、キャットフード選びの参考になります。正しい知識を持って、愛猫に合ったキャットフードを選びましょう。